ソムリエ試験を受験して痛感した”2つ”の事

f:id:takumi_13:20160902115837j:plain

はいっ、料理人のtakumi(@takumi)です。

 

2016年8月21日にJ.S.A.ソムリエ試験を受けてきました。

受験申し込みをした4月から先日の試験を終わって痛感した"2つの事”をシェアします。

 

モチベーション管理がとても大切。

料理人として料理以外で武器を持ちたかったのがキッカケで受験したソムリエ試験。なんせワインの知識ゼロからのスタート、見た事のない単語が続き、参考書を読み進めるのも苦痛でした。しかし、2ヶ月程度はその目標に向け、コツコツと勉強を進めていました。

 

しかし、7月になると参考書を開く機会が激減しました。原因はモチベーションの低下。仕事の忙しさを言い訳に、勉強から距離を置いてしまいました。自分の中に諦めムードが漂います。

 

一度落ちたモチベーションを上げるのは至難の技。ソムリエ試験の以外事が、頭の大半を占め、思い出す事も少なくなってしまいました。周りの人が「試験勉強進んでる?」と問いかけてくれ、ドキッとする一ヶ月でした。

 

時間管理が大切。

試験が3週間後と迫ってきた8月。周りに公言していた事、受験料の約三万円、そして料理以外の武器を持つという最大の目標を再確認して、ここから怒涛の日々が始まりました。

 

仕事、食事以外のほとんどの時間を試験勉強に使いました。仕事やその他雑務をなるべく効率よく、スピーディーにこなすよう頭をフル回転させます。人生でここまで勉強した事がないと断言できる1日を日々過ごす事ができました。

 

知識は増えているモノの、過去問を解いても合格点には届きません。焦る気持ちとは裏腹に、刻々と試験日が近づいてきました。

 

時間は、与えられるモノではなく作るものであり。

そして時間は、有限なんだと勇敢しました。

 

ソムリエ試験に受かった人は本当スゴイ。

私が感じたこの2つができている人が、きっとソムリエ試験に受かったのだと思います。仕事もしながら、モチベーションを保ち、時間を管理してコツコツ頑張った人だけが合格できるのだな、と痛感しました。

 

スクールに通う事は、この2つを外部的にコントロール手段でもあると思います。

www.adv.gr.jp

 

資格受験だけではなく、目標を達成するためには、

  • モチベーション管理
  • 時間管理

この2つが大切だと痛感した、約半年でした。